お仕事の進め方

主なお仕事の流れと費用の発生時期を示したフローです。

弊社の設計監理契約は成果報酬型としており、初めてお会いして、早い段階から契約はございません。

お客様の立場として以下の懸念事項が解消されます。

1.プランやパース、模型だけで予算内に納まっているのか不安。

2.数回の打ち合わせだけで、具体的な希望を伝えきれない。

3.家づくりのパートナーとしての判断が数回の打ち合わせだけでは不充分 等

弊社は実施設計(家をつくるための具体的な図面)と、それに対する御見積もりをご確認して頂き、初めて設計監理契約としています。


1.お問い合わせ

メールか、お電話にてお問い合わせ頂き、ご都合の良い日時をお知らせください。

2.ご面談

お客様がどんな生活のイメージをしていらっしゃるのかを、いろいろとお聞きいたします。また、漠然とした悩みや不安、それから夢の話、資金の相談等々、思いつくままに何でも気軽にお話下さい。

・ご持参して頂く資料 敷地の測量図、イメージ写真や雑誌等

3.ラフプラン・資金計画作成(無料)

ご面談 の内容をもとにラフプラン を作成いたします。また、ラフプランから資金計画書(建物の概算見積り)もあわせて提示いたします。

※こちらのラフプランと資金計画書はご納得いくまでご提示可能です。

4.基本設計

DSC09746

 

 

 

 

ラフプランと資金計画書にご納得頂き、弊社と打ち合わせを進めるご意向であれば、基本設計に入りエントリーフィーをお支払頂きます。こちらの費用は建設地の地盤調査や、各測量費として充てられます。

エントリーフィー 10万円(税別)

壁の厚みや、窓の位置、建物の高さ、収納計画を具体的に決定していきます。こちらは建物の骨格を決める重要な段階なので、ご納得いくまで繰り返し行います。

5.実施設計・構造計算

建物を実際につくる上で必要な図面の作成です。理想である基本設計に構造計算を掛けると、壁や、柱が想定以外の箇所で必要であったりいたします。さらにそれら踏まえながらデザインを加え、具体化していきます。また、具体的な仕上げ材料の選定も決定していきます。

6.相見積りと見積り調整

実施設計後、建設会社2~3社にて見積り(入札)依頼をかけます。見積り後、建設会社1社に絞り、予算内に落とし込んでいきます。

7.設計監理契約

最終の御見積りの金額にご納得頂ければ、初めて設計監理契約となります。

※お支払金額は 建築費2000万 設計監理費用 200万(税別)の場合

設計:設計契約時報酬 設計監理費用の20%(40万円)

8.工事契約

工事契約は建設会社との直接契約です。

設計:工事契約時報酬 設計監理費用の30%(60万円)

建設会社:契約時のお支払い 建築費の10%(200万円)

9.確認申請

工事金額、建設会社も決まれば、あとは着工前に、各検査機関に法律に照らし合わせて問題が無いかをチェックして頂きます。

10.着工と地鎮祭

地鎮祭は任意で行います。

DSC00022

 

 

 

 

設計:工事着工時報酬 設計監理費用の30%(60万円) 

建設会社:着工時のお支払い 建築費の30%(600万円)

神主さま:約5万円(お供え物はセットです。)

11.上棟

DSC00855

 

 

 

 

建設会社:中間のお支払い 建築費の30%(600万円)

12.工事完了

各検査機関の検査や、お施主様検査を受けお引渡しです。
DSC08697

 

 

 

 

設計:工事完了時報酬 設計監理費用の20%(40万円 )

建設会社:工事完了時のお支払い 建築費の30%(600万円)

 

ページ上部へ戻る