,

経堂の家 /House in Kyodo

経堂のにぎやかな商店街を抜け、永く住まわれている方、新しく住み始める方たちが、

声を掛け合うような穏やかな住宅街に建つ家です。

かつて地域一体で開発があり、敷地奥半分が盛り上がった敷地。

その高低差を利用することにより、

プライベート空間を確保した大きな開口、

施工時のコストバランスを考慮した構造、

地階をつくることにより生活空間の面積の有効活用が可能となりました。

 

竣工   /2017

所在地  /東京都世田谷区

規模構造 /木造 地下1階 + 地上2階

敷地面積 /103.56㎡

建築面積 /61.44㎡

延床面積 /109.30㎡

施工会社 /株式会社ビー・エル・ホーム

Photo by /小林勇蔵

関連商品

  1. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  2. ID-HOUSE

    窓を最小限に抑える住宅。採光は縦に長いスリット状の窓から確保し、同時に壁が多く確保できることから、耐震、断熱性の向上。各空間は、建主のライフスタイルに合わせた動線上に配置し、それをループ状に結ぶことで各階の行き止まりのないプラン。

  3. 笹塚の家/House in Sasazuka

    敷地は住宅密集地。あえて南側の外壁には窓を設けず、収納、クローゼットを配置。中央の外部吹抜けから、採光は確保。中央の外部吹抜けは上階にいくにつれて、奥行、幅は広がっており、部屋同士の圧迫間の解消し、上空からの採光も確保しやすくなっている。【デザイン住宅・狭小住宅】

  4. KT-HOUSE

  5. 千年新町の家/House in Chitoseshinmachi

    間口が約4m奥行約9mの3階建て住宅です。南側隣地が2階建てであったために、 暗くなりがちな2階の中央部の採光は、3階を東西に分断し、フリッジで繋げることで3階の高さから採光を確保しています。 【デザイン住宅・吹抜・鉄骨階段】

  6. SM-HOUSE

ページ上部へ戻る