, ,

野方の家/House in Nogata

 

旗竿敷地に中庭を有するこの住宅は、ご夫婦とお子様3人で暮らす住宅です。

1階に設けたみんなで過ごすリビングからは、レベルを下げた2階のバルコニーの緑が見えます。

2階のスタディスペースからは、家の中だけではなく街の気配を感じとれます。

3階に設けた浴室には、燦々と光が入り風が通り抜けます。

みんなで過ごす場所は大きく、個人の場所はコンパクトに計画し、

中庭を中心に家族の場所がつながり、光と風が通り抜け、お互いの気配を感じ取れる住宅です。

 

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 /    東京都 中野区
  • 規模構造 / 木造   地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦+お子様3人 )
  • 敷地面積 / 94.55㎡  (28.60坪)
  • 建築面積 / 42.64㎡  (12.89坪)
  • 延床面積 / 108.75㎡ (32.89坪)
  • 施工 / 柏倉建設会社
  • photo by 小林勇蔵

002 003 005 006 007 011 012 014 016 018 019 021 022 023 024 025 031 034 037 038 039 040 041 043 044

関連商品

  1. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。

  2. 笹塚の家/House in Sasazuka

    敷地は住宅密集地。あえて南側の外壁には窓を設けず、収納、クローゼットを配置。中央の外部吹抜けから、採光は確保。中央の外部吹抜けは上階にいくにつれて、奥行、幅は広がっており、部屋同士の圧迫間の解消し、上空からの採光も確保しやすくなっている。【デザイン住宅・狭小住宅】

  3. SM-HOUSE

  4. 外苑前の家/House in Gaienmae

  5. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  6. ID-HOUSE

    窓を最小限に抑える住宅。採光は縦に長いスリット状の窓から確保し、同時に壁が多く確保できることから、耐震、断熱性の向上。各空間は、建主のライフスタイルに合わせた動線上に配置し、それをループ状に結ぶことで各階の行き止まりのないプラン。

ページ上部へ戻る