,

高田の家/House in takata

古くからの工場等も入り混じる住宅地に建つ住宅です。

敷地南側には川が流れ、その土手は地域の人々の散歩道となっています。

お施主様は、今まで別々に暮らしていたお母さま・娘夫婦と、全員で暮らす事を希望されていました。

スキップフロアを採用する事で、川沿いの風景や採光を取り込みながら、

住宅としてのプライベートな部分は確保し、同時に2階の大空間を、

大家族と呼ばれる家族形態に必要なLDKとして成立させています。

    • 竣工 / 2017年
    • 所在地 /    神奈川県 港北区
    • 規模構造 / 木造
    • 主要用途 / 一戸建ての住宅
    • 敷地面積 / 166.20㎡  (50.27坪)
    • 建築面積 /   93.57㎡  (28.30坪)
    • 延床面積 / 183.00㎡  (55.35坪)
    • 施工 / 柏倉建設株式会社
    • photo by 吉村昌也

 

 

関連商品

  1. 外苑前の家/House in Gaienmae

    3層にわたり生活のシーンをプロットし、機能や行為に応じて、適切に窓や開口を連続、分節、結合しながら採光、通風を確保し、内側の生活のシーンを開口部に置き換え、外部へ可視化することで、外部環境との繋がりを持たせました。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー・鉄骨階段】

  2. 椿の家/House in Tsubaki

    二階、三階建ての建物が密集する環境の中で平屋建ての住宅です。建物本体の屋根は、ソーラーパネルを設置するための勾配の屋根と、内部への採光を確保するための陸屋根を組み合しています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭・平屋】

  3. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

  4. KT-HOUSE

  5. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  6. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。

ページ上部へ戻る