, , ,

千歳船橋の共同住宅/Apartment in Chitosefunabashi

住宅地に建つオーナー住戸と2室の賃貸住戸をもつ賃貸併用住宅です。
北側に桜の木々が立ち並ぶ敷地環境に、オーナーの趣味である造園スペースを重ね合わせ、
トンネル状のアプローチで南側道路とを連結しました。
本来、配置上「裏庭」となるこの北側のスペースは、建物の「前庭」として機能しており、
又、居住者全員が享受できる「中庭」としての機能を目的としています。

  • 竣工 / 2017年
  • 所在地 /    東京都 世田谷区
  • 規模構造 / 木造   地上2階
  • 主要用途 / 共同住宅
  • 敷地面積 / 192.37㎡  (58.19坪)
  • 建築面積 / 113.02㎡  (34.18坪)
  • 延床面積 / 220.12㎡ (66.58坪)
  • 施工 / 柏倉建設株式会社
  • photo by 吉村昌也

fnbs_21DEC16_002

fnbs_21DEC16_003 fnbs_21DEC16_011 fnbs_21DEC16_014 fnbs_21DEC16_015 fnbs_21DEC16_016 fnbs_21DEC16_017 fnbs_21DEC16_019 fnbs_21DEC16_021 fnbs_21DEC16_022 fnbs_21DEC16_023 fnbs_21DEC16_024 fnbs_21DEC16_025 fnbs_21DEC16_026
fnbs_21DEC16_033 fnbs_21DEC16_038 fnbs_21DEC16_039 fnbs_21DEC16_040 fnbs_21DEC16_043 fnbs_21DEC16_044 fnbs_21DEC16_045 fnbs_21DEC16_048 fnbs_21DEC16_049 fnbs_21DEC16_058 fnbs_21DEC16_059 fnbs_21DEC16_060 fnbs_21DEC16_063 fnbs_21DEC16_065 fnbs_21DEC16_066 fnbs_21DEC16_068 fnbs_21DEC16_069 fnbs_21DEC16_070
fnbs_21DEC16_072 fnbs_21DEC16_074

※以降中庭植栽後に撮影

関連商品

  1. SM-HOUSE

  2. 曳舟の家/House in Hikifune

    公園に面した敷地に建つ鉄骨造3階建ての住宅です。 周辺の建物はマンション等が立ち並ぶ中高層の地域であるため、恒久的に採光を確保できる公園側に各スペースを向け、部屋の用途によって窓の大きさや窓の配置計画により公園と共存する住宅を目指しました。【デザイン住宅・吹抜・鉄骨造】

  3. 南馬込の家/House in Minamimagome

    敷地は低層の住宅街の中でも高台に位置することから、斜線制限いっぱいの高さの家型のボリュームにすることで内部に光と風景を取り入れ、中庭を含む各部屋をぐるっと囲む塀の上にぽんとのせた、2階建ての住宅です。 【デザイン住宅・半地下収納・吹抜・ロフト】

  4. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

  5. 椿の家/House in Tsubaki

    二階、三階建ての建物が密集する環境の中で平屋建ての住宅です。建物本体の屋根は、ソーラーパネルを設置するための勾配の屋根と、内部への採光を確保するための陸屋根を組み合しています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭・平屋】

  6. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

ページ上部へ戻る