現場

  1. 曳舟の家 外壁下地

    こんにちは、別府です。曳舟の家、現場確認して参りました。外壁下地、サッシ取付下地の軽天がすすみ、外周部にケイカル板を貼っていきます。窓の設置はまだ先の工程ですが、開口部となり光が入る部分、光を遮る壁になる部分との差別化が徐々に明確化されていきます。

  2. 曳舟の家 屋根確認

    こんにちは、別府です。屋根の確認にまいりました。建物はシンプルに見えるよう外周部はパラペットを立ち上げ内部に勾配をつけたデザイン。勾配部には継手なしの板金を採用し少しでも水の進入の懸念をなくす工夫をしております。水切り部の唐草もしっかりしています。

  3. 曳舟の家 階段確認

    こんにちは、別府です。先日の台風が嘘のように気持ちいい天気の中現場確認。鉄骨階段が設置されました。1階から2階は階段下に収納がある階段。2階から3階まではストリップ階段。下地もきれいに角がでています。お客様をご案内するのが楽しみです。

  4. 曳舟の家 中間検査

    こんにちは、スタッフの別府です。連日続く雨の中、天気に恵まれ躯体の検査を受けました。木造と鉄骨とでは検査項目も異なります。鉄骨の耐力壁となるフレームの並びがきれいです。またこのタイミングで発注する窓の確認を行います。計画した窓の位置、開き方は問題ないか。

  5. 曳舟の家 土台確認

    こんにちは、別府です。この猛暑の中、作業して頂く工務店さんにはほんとに感謝です。さて曳舟の家現場着工しました。こちらの住宅は耐火建築物ということもあり鉄骨造での住宅です。木造とは違い基礎配筋を組む前に、鉄骨の土台を敷いていきます。

  6. 関町南の家 もうすぐ竣工

    こんにちは別府です。竣工前の現場確認をして参りました。青いテープはお施主様と設計、工務店とチェックをした後です。南北から光を取り入れるリビング。朝の陽の光がつくる線がとてもきれい。直接陽が当たる窓は光の線がはっきりとつくられ当たらない部分は柔らかい光が入ってきます。

  7. 長野 エム・グループ本社ビル 建て方確認

    こんばんは、別府です。長野で建築中の、木造4階建て事務所ビル。昨日は日帰りで現場確認、打ち合わせ。建物が大きいだけあって足場のボリュームがすごい。

  8. 関町南の家 上棟

    関町南の家、上棟しました。旗竿形状の敷地はで廻りは建物に建物に囲まれているのだけれども光を入り方を検討した建物。壁ができ、窓が入った後のイメージをしながら現場確認。窓が入るのが楽しみです。

  9. 関町南の家 基礎養生

    こんにちは別府です。雨の中の基礎工事の確認。基礎のコンクリートが雨に直接打たれないよう養生をしている写真。もう少し養生をして型枠をばらします。月末にはいよいよ上棟です。来週頭まで雨が続くようなので風邪をひかないように頑張りましょう。

  10. 関町南の家 配筋検査

    こんばんは、別府です。今朝は風が涼しく秋らしい天気。そんな中、配筋検査に行ってまいりました。瑕疵保険、性能証明の検査も無事合格を頂きました。いよいよコンクリートを打設なのだけれども、明日は雨が降るようなので日程調整を。

  11. 木造4階建てエム・グループ本社ビル  配筋検査

    こんにちは別府です。長野は涼しいと思ったのだけれども、まだまだ暑かったです。というわけで、昨日は長野の現場にて配筋検査。普段木造住宅の現場監理が多い中、同じ木造でも基礎の大きさ、配筋量がまったく違います。

  12. やり方確認

    関町の家のやり方確認。改めて配置、高さの確認。地味ですが大事な確認です。工務店さんがお隣のお車に汚れが飛ばないようシートを張っていました。こういう心配りはありがたいですね。安心します。

ページ上部へ戻る