, , , ,

流山の家/House in Nagareyama

60代のご夫婦のためだけの住宅です。

去年の春、弊社設計の住宅が掲載された雑誌「東京の若手建築家と建てる家」をきっかけにお問い合わせを頂き、家づくりが始まりました。家づくりを始める前は、マンションを購入し、リノベーションで検討されていたようですが、やはり何かが違うと、限界を感じられ、自分たちのライフスタイルに合わせた生活の器をと、一念発起し家づくりに至ったそうです。やはり、ご年配の方ほど既製の生活の器は窮屈に感じられると思います。


敷地は数年前に区画整理された新しい街並みと新しい建物が立ち並ぶ周辺環境。そこに新しい二人だけの住まいをご要望されました。最初にイメージしたのは区画整理された街並みに対して呼応するべく、整然としたファサードと佇まいと、限られた敷地の中で展開する合理的な秩序のあるデザインでした。そこでまず、平面計画としては大まかに建物間口を3分割、奥行方向を2分割し、各階それぞれ大きく6つの区画を軸に生活の機能をプロットしました。道路側の中央の12階の区画は中庭とし、各スペースへの通風、採光を担いながら、内部と連続した壁や窓を設けることにより、「吹き抜けのある部屋」、あるいは「天井の無い部屋」として視覚的には内部空間として計画しました。

2階の隣接しないように分けたご夫婦それぞれの寝室は、この部屋のような中庭を介して「続き間」のように繋がり、時には離れたり、住まい手の距離をコントロールすることが出来ます。

2階のファサードにはこの「続き間」としての設えが同一の窓を連続することにより表れています。

 


引き渡しの際にお施主様からお話しがあったのですが、家づくりのタイミングは人それぞれではあるが、この時期だからこそ今までの生活を一旦リセットして余生を楽しめるとおっしゃっていました。

  • 竣工 / 2021年
  • 所在地 / 千葉県 流山市
  • 規模構造 / 木造軸組み在来工法   地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦)
  • 敷地面積 /  79.72㎡  (24.03坪)
  • 建築面積 /  45.75㎡  (13.79坪)
  • 延床面積 / 72.10㎡ (21.73坪)※車庫除く
  • 施工 / 株式会社ビー・エル・ホーム
  • photo by 石井雅義 ※はPANDA撮影

※PANDA撮影

 



関連商品

  1. 上大崎の家/House in Kamiosaki

    敷地は3階建ての建物が建ち並び、一同に北側斜線の影響により3階部分は削り取られている条件のもと、テラスを有する計画が建て主の要望であった。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

  2. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。

  3. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

  4. 戸越の家/House in Togoshi

    敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も悪いということで建て替えへ至りました。【デザイン住宅・建替え計画・中庭】

  5. MS-HOUSE

  6. 千歳船橋の共同住宅/Apartment in Chitosefunabashi

    住宅地に建つオーナー住戸と2室の賃貸住戸をもつ賃貸併用住宅です。 北側に桜の木々が立ち並ぶ敷地環境に、オーナーの趣味である造園スペースを重ね合わせ、 トンネル状のアプローチで南側道路とを連結しました。 【デザイン住宅・中庭・アパート】

ページ上部へ戻る