, , ,

高砂の家/House in Takasago

台形型の敷地形状に沿って建ぺい率を最大限確保し、必要最小限の開口によるシンプルな箱型のシルエットをもつ住宅です。 玄関先には2階のリビングに沿って、外部との緩衝空間としての機能を持つ前庭を設え、緩やかにに内部と外部を繋げています。

 

竣工 / 2015年
所在地 / 埼玉県さいたま市
規模構造 / 木造、地上3階
主要用途 / 専用住宅 (夫婦+子供1人 )
敷地面積 /70.83㎡(21.42坪)
建築面積 / 41.93㎡(12.68坪)
延床面積 / 122.99㎡(37.20坪)
施工 / ビ-・エル・ホ-ム
photo by 鳥村鋼一

urawa_001urawa_002

urawa_003

urawa_004

s-_Q2A7343

urawa_005urawa_006

urawa_007urawa_009

urawa_010

s-_Q2A7656

urawa_011

urawa_012

urawa_013

s-_Q2A7221s-_Q2A7211

urawa_014

urawa_015

urawa_017

関連商品

  1. 椿の家/House in Tsubaki

    二階、三階建ての建物が密集する環境の中で平屋建ての住宅です。建物本体の屋根は、ソーラーパネルを設置するための勾配の屋根と、内部への採光を確保するための陸屋根を組み合しています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭・平屋】

  2. 高田の家/House in takata

    スキップフロアを採用する事で、採光と風景を取り入れながら、住宅のプライベートを確保し、同時に2階の大空間を、大家族と呼ばれる家族形態に必要なLDKとして成立させています。【デザイン住宅・2世帯住宅】

  3. 上落合の家/House in Kamiochiai

    北側斜線により3階に寝室を配置するのが一般的なのですが、この住宅では3階にLDKを配置し、斜線により削られる北側にテラスを設け、さらに3階上部に第2リビングと位置付けられるロフトを計画しました。【デザイン住宅・高天井・ロフト】 

  4. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  5. GW-HOUSE

  6. 南馬込の家/House in Minamimagome

    敷地は低層の住宅街の中でも高台に位置することから、斜線制限いっぱいの高さの家型のボリュームにすることで内部に光と風景を取り入れ、中庭を含む各部屋をぐるっと囲む塀の上にぽんとのせた、2階建ての住宅です。 【デザイン住宅・半地下収納・吹抜・ロフト】

ページ上部へ戻る