, ,

小金井の家/House in Koganei

緑が生い茂る周辺環境に建つ2階建ての住宅です。建主は70代のご夫婦とお子様二人の4人暮らし。計画する上で重要な指標となる敷地面積に対する床面積の割合、建ぺい率と容積率はそれぞれ50%80%つまり、1階は最大の50%とすると、2階は30%となり、この住宅の家族構成や年齢からはフィットした制限でした。

建主のご年齢を考慮し、リビングや水回り、ご夫婦の各寝室、趣味の部屋とお二人での生活の機能は最大の50%1階に配置し、残り30%2階のお子様の寝室や収納とし、最初にこれらの床面積の割合をシンプルに建物のシルエットに置き換えることをデザインの契機にしました。

敷地の北側には道路を挟んで公園の森があり、これらを生活の中に借景として取り込めるようにリビングを北側に配置し、南側には各階に寝室を重ねて配置し、シンプルな勾配屋根で南北を繋げました。北側のリビングに南側からの採光を確保するために2階の中央にテラスを設けており、また、このテラスは北側が一層のため、公園の森も見ることができます。

テラスの上部には屋根の構成材でもある「母屋」が内部と同じ間隔で架けられ、日差しのコントロールを可能とし、周辺環境にも合わせた建物のシルエットにもなっています。

  • 竣工 / 2021年
  • 所在地 /  東京都 小金井市
  • 規模構造 / 木造 地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅 (ご夫婦+お子様二人)
  • 敷地面積:131.21㎡
  • 建築面積:74.97㎡
  • 延べ床面積:108.92㎡
  • 構造:木造軸組み工法 2階建
  • 施工:株式会社晃栄ホーム
  • photo by 吉村昌也
  • 担当 坂井

※はPANDA撮影

※PANDA撮影
※PANDA撮影

※PANDA撮影※PANDA撮影※PANDA撮影

関連商品

  1. 若林の家/House in Wakabayashi

    前面道路4m側に大きな開口を設けることで、北側の安定した採光を確保しつつ、外部や内部の上下方向を緩やかにつなげています。また容積率の制限から削られたボリュームをトップライトやアプローチ、駐車場に置き換え、容積率に含まれないロフトを設置しています。【デザイン住宅・狭小住宅・トップライト】

  2. 笹塚の家/House in Sasazuka

    敷地は住宅密集地。あえて南側の外壁には窓を設けず、収納、クローゼットを配置。中央の外部吹抜けから、採光は確保。中央の外部吹抜けは上階にいくにつれて、奥行、幅は広がっており、部屋同士の圧迫間の解消し、上空からの採光も確保しやすくなっている。【デザイン住宅・狭小住宅】

  3. 曳舟の家/House in Hikifune

    公園に面した敷地に建つ鉄骨造3階建ての住宅です。 周辺の建物はマンション等が立ち並ぶ中高層の地域であるため、恒久的に採光を確保できる公園側に各スペースを向け、部屋の用途によって窓の大きさや窓の配置計画により公園と共存する住宅を目指しました。【デザイン住宅・吹抜・鉄骨造】

  4. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  5. 代々木上原の家/House in Yoyogiuehara

    敷地は北側道路で、さらに道路から2mほどの高さに位置しています。建主の要望により車庫や駐輪場(4台)を確保するため、建物の側面に玄関アプローチを設けました。また、駐車後に雨で濡れないようにするため、車庫から玄関へとを繋ぐ連続した庇を設けています。【デザイン住宅・中庭・テラス】

  6. 桶川の家/House in Okegawa

    分譲地といっても都心と比べて、2階建てが立ち並び、さらに隣棟間は大きく離れており、360度どの位置でも採光が確保できる環境の中、建主の要望は高天井のあるリビングと大きなバルコニーでした。【デザイン住宅・高天井・バルコニー】

ページ上部へ戻る