, ,

田園調布の家/House in Denenchofu

この住宅はシンプルな線と幾何学、そして光と空間の相互作用を強調した現代的な住宅を意図しました。屋内と屋外の環境をシームレスにつなげることに重点を置いており、開放感を高めるために大きな窓やガラスの引き戸を採用しています。ニュートラルな色調と自然木の要素の使用は、落ち着いた洗練された雰囲気を創出しつつ、温かみのある招待空間を保ちたいという建主の願いを示しています。家の外観は、機能性とシンプルさを優先する現代スタイルを象徴する幾何学的な形と抑えられた色彩パレットで表現されています。内部空間は、埋め込み式の照明と木製の床を使用して、快適でエレガントな生活体験を育むことを目指しています。自然光と人工光の両方の照明の戦略的な配置、テクスチャーと材料(木材やタイルなど)の思慮深い使用は、感覚的な体験と実用性に対する慎重な配慮を示しています。全体的には、都市環境と調和しながら、現代的で静かで機能的な住居を作り出すことを目指しました。

  • 竣工 / 2021年
  • 所在地 / 東京都大田区
  • 規模構造 / 木造軸組み工法  地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅
  • 敷地面積:263.16㎡
  • 建築面積:104.34㎡
  • 延べ床面積:179.14㎡(車庫を含む)
  • 施工:柏倉建設株式会社
  • photo by 株式会社ケイ・エスト・ワークス
  • 担当 別府

関連商品

  1. 千年新町の家/House in Chitoseshinmachi

    間口が約4m奥行約9mの3階建て住宅です。南側隣地が2階建てであったために、 暗くなりがちな2階の中央部の採光は、3階を東西に分断し、フリッジで繋げることで3階の高さから採光を確保しています。 【デザイン住宅・吹抜・鉄骨階段】

  2. 深沢の家/House in Fukasawa

    1階に中庭を有する賃貸、2、3階をオーナー階とする住宅です。 賃貸の一つは玄関から繋がっており、将来賃貸として活用できる二世帯住宅です。 3階の壁を曖昧にし、吹き抜け空間をつくることによりどこにいても家族の気配が感じられる住宅になっています。 【デザイン住宅・高天井・ハイサイド窓】

  3. 上落合の家/House in Kamiochiai

    北側斜線により3階に寝室を配置するのが一般的なのですが、この住宅では3階にLDKを配置し、斜線により削られる北側にテラスを設け、さらに3階上部に第2リビングと位置付けられるロフトを計画しました。【デザイン住宅・高天井・ロフト】 

  4. HW-HOUSE

  5. 戸越の家/House in Togoshi

    敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も悪いということで建て替えへ至りました。【デザイン住宅・建替え計画・中庭】

  6. 東五反田の家/House in Higashigotanda

    敷地の過半は隣地より約5mの高さに位置し、道路の終端を接道としている敷地条件のもと、これらの条件を踏まえ、かつ隣地との高低差を活かした住空間が建主の要望でした。そこで、内部の主要なスペースは全て隣地の低地側に配置しました。【デザイン住宅・高台・中庭】

ページ上部へ戻る