お知らせ

「東雪谷の家」オーナー様からレビューを頂きました。

「何もかもが初めて尽くしの私どもにとっては、文字通り、痒いところまで手の届く仕事をしていただけたと思います。」

多くの方々と同様に、私も新築戸建の経験は今回が初めてでした。ですから当初は、この人生で最も大きな買い物を前に、ワクワクと同じくらい、何とも言えない緊張感にとらわれていたのを今でも覚えています。だからこそ建築設計事務所を探すタイミングでは、なによりも設計事務所のスタンスを重視しました。具体的には、ウェブサイト上で過去の実績を「作品」と紹介している設計事務所は、どんなにそれらが素敵に見えても候補から外しました(あくまでも私の判断基準になります)。私たちが求めているのはアート作品ではなく、施主である私たち家族ならではの家庭事情や、自分たちもまだうまく言語化できていない生活への期待や不安を汲み取り、そこへの最適解をスクラッチでデザインしてくれる設計事務所だったからです。その意味で、山本浩三建築設計事務所と出会えたことは本当に運が良かったと思います。最初の打ち合わせの際に、主体はあくまでお施主様であり、私たちは様々な条件を踏まえた上で、その想いを具体的な形に落とし込むのが仕事です、と仰られていたのが印象に残っています。この言葉通り、念入りなヒアリングの末、角地という特性を活かしてリビングスペースに開放的な吹き抜け空間を設け、この吹き抜けを中心に、ありとあらゆる居住スペースを配置していくアプローチをご提案くださいました。プランの段階から3Dに落とし込んでご説明いただいたものが、結果的には本当にほぼそのまま完成形となりました。進行の過程でどうしてもいくつかの課題は出てくるものですが、それも都度丁寧にご説明していただきながら潰していけたので、完成した我が家には120%満足しています。何もかもが初めて尽くしの私どもにとっては、文字通り、痒いところまで手の届く仕事をしていただけたと思います。山本さん、ならびにご担当してくださった山沢さんには感謝しかありません。本当にありがとうございました。

 

※竣工写真は近日公開予定です。

出典「houzzレビュー」

ページ上部へ戻る