, ,

桶川の家/House in Okegawa

地方の分譲地に建つ都内でお勤めの単身者のための住宅です。分譲地といっても都心と比べて、2階建てが立ち並び、さらに隣棟間は大きく離れており、360度どの位置でも採光が確保できる環境の中、建主の要望は高天井のあるリビングと大きなバルコニーでした。開けた周辺環境に反して内部の窓は最小限とし、2階のLDKも高窓や、腰窓のような窓を設けず、基本的な採光はバルコニーと通ずる窓のみとしました。バルコニーの壁は少し高さのある壁とすることで、空を見上げられると同時に内部に反射光をもたらし、また、屋根を設けることにより屋外のバルコニーが「離れ」のようなものとなり、希薄になりがちな内部との関わりは、依存し合う関係となっています。

  • 竣工 / 2021年
  • 所在地 / 埼玉県 桶川市
  • 規模構造 / 木造軸組み工法   地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅   (単身者)
  • 敷地面積 /  131.18㎡  (39.68坪)
  • 建築面積 /  62.10㎡  (18.78坪)
  • 延床面積 / 102.67㎡ (31.05坪)
  • 施工 / 株式会社 ビー・エル・ホーム
  • photo by 小林勇蔵

関連商品

  1. 喜多見の家/House in Kitami

    家型のシルエットに屋上テラスを内包した2階建ての住宅です。1階に寝室と水廻り、2階にLDKを配置しており、建主の要望により、冷暖房効率を高めるために1~2階は区画し、各階を独立した構成としています。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー】

  2. 中丸子の家/House in Nakamaruko

    SE構法により壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白があることで、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせてすこしづつ変化していくような住宅です。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

  3. 松原の家/House in Matsubara

    敷地は東西に近接した建物があり、南北のみに開かれた敷地。建物間口3.6mの木造3階建て住宅。中央のトップライトから採光を確保すると共に、各部屋が視覚的にも繋がっている。

  4. 関町の家/House in Sekimachi

    北側斜線に沿ったボリュームの中にテラスやバルコニー、小屋裏収納をも内包した旗竿敷地に建つ住宅です。2階LDKの天井は住まいの行為に応じて3つの天井高さに分け、2つのハイサイド窓により 2階全体を均一に明るく照らし、また、中央の階段を介して一階の玄関、廊下にも採光を確保しています。【デザイン住宅・高天井・ハイサイド窓】

  5. 若林の家/House in Wakabayashi

    前面道路4m側に大きな開口を設けることで、北側の安定した採光を確保しつつ、外部や内部の上下方向を緩やかにつなげています。また容積率の制限から削られたボリュームをトップライトやアプローチ、駐車場に置き換え、容積率に含まれないロフトを設置しています。【デザイン住宅・狭小住宅・トップライト】

  6. 上落合の家/House in Kamiochiai

    北側斜線により3階に寝室を配置するのが一般的なのですが、この住宅では3階にLDKを配置し、斜線により削られる北側にテラスを設け、さらに3階上部に第2リビングと位置付けられるロフトを計画しました。【デザイン住宅・高天井・ロフト】 

ページ上部へ戻る