, , ,

上野毛の家/ House in Kaminoge

敷地は都心と比べて道路幅や隣棟間も比較的広くゆったりとした住宅地。

ここに、夫婦と子供二人のための住宅を求められた。

クライアントの大きな要望は「敷地をつかいきる」ことであった。建物の配置計画は建物本体の外壁の後退距離、さらに、敷地の大きさによって空地の緑化割合が条例により定められていた。また、建物の高さは北側からの斜線制限により抑えられ、建築の最大ボリュームは水平、垂直各方向とも法律により自動的に決定付けられていた。

まずは各スペースのゾーニングとしては、1階にはプライバシー性の高い主寝室や水廻り、ビルトイン車庫を配置し、2階の中央に大きな吹抜け空間を持つ用途を限定しない「ホール」を設け、その周辺に、リビングやダイニングキッチン、3階の子供部屋は吹抜を介してアクセスする構成とした。

そこで「敷地をつかいきる」という建主の要望に対して、この敷地の条例には抵触しない形で、1階には坪庭、2階にはコの字型にめいっぱいバルコニーを付加し、各階に水平方向の広がりを加速させた。さらに、敷地が道路より60センチほど上がっていたため、1階の内部と車庫には高低差があり、この高低差を生かし、スキップフロアを挿入することで斜線により抑えられた隙間の空間に床面を確保し、垂直方向は吹抜け以外にも増床してつかいきった。

結果、吹抜けと勾配天井、スキップフロアによる多様な天井の高さにより、各スペースは固有の空間や建物中央にある用途を限定しない「ホール」により拡張し、時には生活のシーンによっては縮小もする可変的な空間が生まれ、吹抜最上部からの直射日光や、外に張り出した坪庭やバルコニーからの柔らかい反射光により多様な光に包まれた住空間となっている。

  • 竣工 / 2023年
  • 所在地 / 東京都世田谷区
  • 規模構造 / SE構法  地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅(2世帯住宅)
  • 敷地面積:125.76㎡
  • 建築面積:67.29㎡
  • 延べ床面積:163.07㎡(車庫を含む)
  • 施工:柏倉建設株式会社
  • photo by 吉村昌也
  • 担当 山本 石川

関連商品

  1. 高円寺の家/House in Koenji

    1階、2階それぞれにあるハイサイド窓は、各部屋の個別の窓というより、nLDKのプランによる分節された部屋同士を繋ぎ合わせ、この建物全体の窓として機能しています。内部に連続した風景、採光が取り込まれ、一体間が加速されます。【デザイン住宅・二世帯住宅・地下】

  2. 千年新町の家/House in Chitoseshinmachi

    間口が約4m奥行約9mの3階建て住宅です。南側隣地が2階建てであったために、 暗くなりがちな2階の中央部の採光は、3階を東西に分断し、フリッジで繋げることで3階の高さから採光を確保しています。 【デザイン住宅・吹抜・鉄骨階段】

  3. 代田の家 / House in Daita

    建物は、親世帯が地下1階に、子世帯が地上1階と2階にそれぞれ居住しており、世代間の独立性とつながりを保ちながらもプライバシーを尊重する設計になっています。【デザイン住宅・2世帯住宅・中庭・テラス】

  4. 神宮前の家/House in Jingumae

    4面に隣地建物が接する敷地。3層にわたる壁で囲われたテラスへの動線を中心に、諸室、趣味の空間を散りばめた。上層へと続く、動線の先にある最上階のテラスにも建築の外郭に沿って壁で囲い、この住宅だけの「空」を切り取っている。【デザイン住宅・中庭・吹抜・ルーフバルコニー・テラス】

  5. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。

  6. 高砂の家/House in Takasago

    台形型の敷地形状に沿って建ぺい率を最大限確保し、必要最小限の開口によるシンプルな箱型のシルエットをもつ住宅です。 玄関先には2階のリビングに沿って、外部との緩衝空間としての機能を持つ前庭を設え、緩やかにに内部と外部を繋げています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭】

ページ上部へ戻る