, ,

西方の家/House in Nishikata

どんなに建物や隣地に囲まれた敷地の中でも「空」は平等にあります。

折れ曲がった旗竿の敷地に、さらに一種高度地区という斜線が一番厳しい条件の中で、賃貸併用住宅を求められました。一般的な旗竿の敷地であれば、前面道路から多少は建物本体が見えるのですが、この敷地では全く見えません。完全に隣地に囲まれた敷地の中で、建物をめいっぱい建てるための採光は、隣地の建物と建物の隙間や、隣地の庭、また、平等に存在する「空」に向かって確保する計画としました。

  • 竣工 / 2019年
  • 所在地 /  東京都 文京区
  • 規模構造 / 木造 地下1階 地上2階
  • 主要用途 / 長屋  オーナー(ご夫婦+お子さま2人)+ 賃貸 1室(35.54㎡)
  • 敷地面積 / 120.23㎡  (36.36坪)
  • 建築面積 /   57.58㎡  (17.41坪)
  • 延床面積 / 144.33㎡  (43.65坪)
  • 施工 / 柏倉建設株式会社
  • photo by 吉村昌也

賃貸部

関連商品

  1. 二子新地の集合住宅 /Apartment in Futako Shinchi

    事業物件という特性から、現状において容積を最大限に確保するために、建物本体はRC造、セットバック部分は鉄骨造とし、将来には鉄骨部分を切り離し、残された建物本体でも自立可能な構造計画した。【デザイナーズマンション・メゾネット住戸・オーナー住戸】

  2. 外苑前の家/House in Gaienmae

    3層にわたり生活のシーンをプロットし、機能や行為に応じて、適切に窓や開口を連続、分節、結合しながら採光、通風を確保し、内側の生活のシーンを開口部に置き換え、外部へ可視化することで、外部環境との繋がりを持たせました。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー・鉄骨階段】

  3. 神宮前の家/House in Jingumae

    4面に隣地建物が接する敷地。3層にわたる壁で囲われたテラスへの動線を中心に、諸室、趣味の空間を散りばめた。上層へと続く、動線の先にある最上階のテラスにも建築の外郭に沿って壁で囲い、この住宅だけの「空」を切り取っている。【デザイン住宅・中庭・吹抜・ルーフバルコニー・テラス】

  4. 浜田山の家/House in Hamadayama

    2019年6月、建築基準法の準耐火建築物(準防火地域)に対して建ぺい率10%の緩和が施行された直後の計画でした。角地以外での建ぺい率10%の緩和は、住空間のバリエーションが増えます。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー】

  5. 世田谷の家/House in setagaya

    住宅街の角地に建つ住宅です。 建物のアウトラインは敷地形状に沿った形とし、 各階に中庭やテラスといった外部空間を配置しています。 1階の中庭は玄関とリビングを繋ぎ、2階のテラスは洗面室と主寝室とを繋いでいます。 【デザイン住宅・中庭・吹抜・ルーフバルコニー・テラス】

  6. 中丸子の家/House in Nakamaruko

    SE構法により壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白があることで、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせてすこしづつ変化していくような住宅です。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

ページ上部へ戻る