,

西池袋の家/House in Nishiikebukuro

道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

竣工 / 2014年
所在地 / 東京都豊島区
規模構造 / 木造、地上2階
主要用途 / 専用住宅(夫婦+子供1人 )
敷地面積 /96.29㎡(29.12坪)
建築面積 /57.13㎡(17.28坪)
延床面積 /105.13㎡(31.80坪)
施工 / ビ-・エル・ホ-ム
photo by 鳥村鋼一

ikebukuro_001

ikebukuro_002

ikebukuro_003

ikebukuro_004

ikebukuro_005

ikebukuro_007

ikebukuro_008

ikebukuro_009

ikebukuro_010

ikebukuro_011

ikebukuro_012

ikebukuro_013

ikebukuro_014

ikebukuro_015

ikebukuro_016

ikebukuro_017

ikebukuro_018

ikebukuro_019

ikebukuro_020

ikebukuro_021

ikebukuro_022

ikebukuro_023

ikebukuro_024

ikebukuro_025

ikebukuro_026

ikebukuro_027

ikebukuro_028

ikebukuro_029

ikebukuro_030

ikebukuro_031

ikebukuro_032

ikebukuro_033

ikebukuro_034

関連商品

  1. 戸越の家/House in Togoshi

    敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も悪いということで建て替えへ至りました。【デザイン住宅・建替え計画・中庭】

  2. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  3. 高砂の家/House in Takasago

    台形型の敷地形状に沿って建ぺい率を最大限確保し、必要最小限の開口によるシンプルな箱型のシルエットをもつ住宅です。 玄関先には2階のリビングに沿って、外部との緩衝空間としての機能を持つ前庭を設え、緩やかにに内部と外部を繋げています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭】

  4. MS-HOUSE

  5. 桶川の家/House in Okegawa

    分譲地といっても都心と比べて、2階建てが立ち並び、さらに隣棟間は大きく離れており、360度どの位置でも採光が確保できる環境の中、建主の要望は高天井のあるリビングと大きなバルコニーでした。【デザイン住宅・高天井・バルコニー】

  6. 上大崎の家/House in Kamiosaki

    敷地は3階建ての建物が建ち並び、一同に北側斜線の影響により3階部分は削り取られている条件のもと、テラスを有する計画が建て主の要望であった。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

ページ上部へ戻る