, ,

戸越の家/House in Togoshi

敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。

以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も

悪いということで建て替えへ至りました。

住宅密集地であり、さらに北側道路という採光を確保するには困難な環境のもと、1階に家族が集うLDKを配置する計画を希望されました。

そこで敷地の東側中央に中庭を設け、南側の隣地と隣地の隙間を狙って階段を配置し、さらに2階のバルコニーを階段と平行に配置することで、吹き抜けや、天窓を設える事なく1階の採光を確保しました。

この住宅の同線上の核となる2階へ続く階段の壁面は、以前に住まわれた日本家屋の障子を再利用したものであり、この土地で住み続けられる両親への感謝を表わしています。

  • 竣工 / 2019年
  • 所在地 /  東京都 品川区
  • 規模構造 / 木造 地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅 (ご夫婦+お子さま1人)
  • 敷地面積 / 83.12㎡  (25.14坪)
  • 建築面積 /49.85㎡  (15.07坪)
  • 延床面積 / 91.90㎡  (27.79坪)
  • 施工 / 柏倉建設株式会社
  • photo by 吉村昌也

以前の住まい

関連商品

  1. GW-HOUSE

  2. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  3. 椿の家/House in Tsubaki

    二階、三階建ての建物が密集する環境の中で平屋建ての住宅です。建物本体の屋根は、ソーラーパネルを設置するための勾配の屋根と、内部への採光を確保するための陸屋根を組み合しています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭・平屋】

  4. 中丸子の家/House in Nakamaruko

    SE構法により壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白があることで、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせてすこしづつ変化していくような住宅です。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

  5. 代沢の家/House in Daizawa

    3階建て住宅のオーソドックスな構成に、玄関を1階と2階に配置しました。3階の寝室へは2階の玄関をつかってアクセスすることができ、また、家族それぞれの来客者も1階を経由すくことなく2階のLDKにアクセスすることができます。【デザイン住宅・中庭】

  6. 多摩川の家/House in Tamagawa

    部屋の用途に応じて木の躯体を現した住まいの箱に、玄関のアプローチと1階の土間とを繋ぐ庇、土間の広がりと目隠しを兼ねた木塀、2階リビングの窓とルーフバルコニーを繋ぐ植栽用の大きな額縁を設えました。【デザイン住宅・ルーフバルコニー・壁面緑化】

ページ上部へ戻る