, ,

戸越の家/House in Togoshi

敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。

以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も

悪いということで建て替えへ至りました。

住宅密集地であり、さらに北側道路という採光を確保するには困難な環境のもと、1階に家族が集うLDKを配置する計画を希望されました。

そこで敷地の東側中央に中庭を設け、南側の隣地と隣地の隙間を狙って階段を配置し、さらに2階のバルコニーを階段と平行に配置することで、吹き抜けや、天窓を設える事なく1階の採光を確保しました。

この住宅の同線上の核となる2階へ続く階段の壁面は、以前に住まわれた日本家屋の障子を再利用したものであり、この土地で住み続けられる両親への感謝を表わしています。

  • 竣工 / 2019年
  • 所在地 /  東京都 品川区
  • 規模構造 / 木造 地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅 (ご夫婦+お子さま1人)
  • 敷地面積 / 83.12㎡  (25.14坪)
  • 建築面積 /49.85㎡  (15.07坪)
  • 延床面積 / 91.90㎡  (27.79坪)
  • 施工 / 柏倉建設株式会社
  • photo by 吉村昌也

以前の住まい

関連商品

  1. ID-HOUSE

    窓を最小限に抑える住宅。採光は縦に長いスリット状の窓から確保し、同時に壁が多く確保できることから、耐震、断熱性の向上。各空間は、建主のライフスタイルに合わせた動線上に配置し、それをループ状に結ぶことで各階の行き止まりのないプラン。

  2. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  3. 南馬込の家/House in Minamimagome

    敷地は低層の住宅街の中でも高台に位置することから、斜線制限いっぱいの高さの家型のボリュームにすることで内部に光と風景を取り入れ、中庭を含む各部屋をぐるっと囲む塀の上にぽんとのせた、2階建ての住宅です。 【デザイン住宅・半地下収納・吹抜・ロフト】

  4. 笹塚の家/House in Sasazuka

    敷地は住宅密集地。あえて南側の外壁には窓を設けず、収納、クローゼットを配置。中央の外部吹抜けから、採光は確保。中央の外部吹抜けは上階にいくにつれて、奥行、幅は広がっており、部屋同士の圧迫間の解消し、上空からの採光も確保しやすくなっている。【デザイン住宅・狭小住宅】

  5. 若林の家/House in Wakabayashi

    前面道路4m側に大きな開口を設けることで、北側の安定した採光を確保しつつ、外部や内部の上下方向を緩やかにつなげています。また容積率の制限から削られたボリュームをトップライトやアプローチ、駐車場に置き換え、容積率に含まれないロフトを設置しています。【デザイン住宅・狭小住宅・トップライト】

  6. 東雪谷の家/House in Higashiyukigaya

    静寂な住宅地の角地に建つ住宅です。建主はこの敷地を生かした開放的で、合理的な住空間を要望されました。敷地面積に対する建築面積、床面積の割合は、50%(建ぺい率)と100%(容積率)。これらの床面積の割合を契機に設計を始めました。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー】

ページ上部へ戻る