, ,

野方の家/House in Nogata

 

旗竿敷地に中庭を有するこの住宅は、ご夫婦とお子様3人で暮らす住宅です。

1階に設けたみんなで過ごすリビングからは、レベルを下げた2階のバルコニーの緑が見えます。

2階のスタディスペースからは、家の中だけではなく街の気配を感じとれます。

3階に設けた浴室には、燦々と光が入り風が通り抜けます。

みんなで過ごす場所は大きく、個人の場所はコンパクトに計画し、

中庭を中心に家族の場所がつながり、光と風が通り抜け、お互いの気配を感じ取れる住宅です。

 

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 /    東京都 中野区
  • 規模構造 / 木造   地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦+お子様3人 )
  • 敷地面積 / 94.55㎡  (28.60坪)
  • 建築面積 / 42.64㎡  (12.89坪)
  • 延床面積 / 108.75㎡ (32.89坪)
  • 施工 / 柏倉建設会社
  • photo by 小林勇蔵

002 003 005 006 007 011 012 014 016 018 019 021 022 023 024 025 031 034 037 038 039 040 041 043 044

関連商品

  1. 戸越の家/House in Togoshi

    敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も悪いということで建て替えへ至りました。【デザイン住宅・建替え計画・中庭】

  2. 代沢の家/House in Daizawa

    3階建て住宅のオーソドックスな構成に、玄関を1階と2階に配置しました。3階の寝室へは2階の玄関をつかってアクセスすることができ、また、家族それぞれの来客者も1階を経由すくことなく2階のLDKにアクセスすることができます。【デザイン住宅・中庭】

  3. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  4. 西早稲田の家/House in Nishiwaseda

    2階のLDKは水平方向の広がりを確保するため、オーバーハングしながら建ぺい率いっぱいに床面積を確保し、垂直方向は小さいながらも敷地の角側に吹抜けを設け、その上部にハイサイド窓を設置し、視線を高い位置に誘導することで広がりを感じられるようにしました。【デザイン住宅・吹抜】

  5. 池尻の家/House in Ikejiri

    愛犬の高齢化に対応したホームエレベーター、愛犬と共に過ごせる屋上、リビングにドッグスペース、 建主が経営するネットショップ(ドッググッズ)の事務スペースといった愛犬、犬のための機能が付加された住宅です。 【デザイン住宅・狭小住宅・愛犬と共に暮らす】

  6. 北烏山の家/House in Kitakarasuyama

    扉の代わりに天井や床の高低差によって各スペースの閾として成立することを試みた住宅です。寝室と浴室、トイレ以外は扉の無い各スペースが繋がる大らかな住空間と、家中何処にいても温度差の少ない空調設備(全館空調)が求められました。【デザイン住宅・高天井・中庭】

ページ上部へ戻る