, ,

野方の家/House in Nogata

 

旗竿敷地に中庭を有するこの住宅は、ご夫婦とお子様3人で暮らす住宅です。

1階に設けたみんなで過ごすリビングからは、レベルを下げた2階のバルコニーの緑が見えます。

2階のスタディスペースからは、家の中だけではなく街の気配を感じとれます。

3階に設けた浴室には、燦々と光が入り風が通り抜けます。

みんなで過ごす場所は大きく、個人の場所はコンパクトに計画し、

中庭を中心に家族の場所がつながり、光と風が通り抜け、お互いの気配を感じ取れる住宅です。

 

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 /    東京都 中野区
  • 規模構造 / 木造   地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦+お子様3人 )
  • 敷地面積 / 94.55㎡  (28.60坪)
  • 建築面積 / 42.64㎡  (12.89坪)
  • 延床面積 / 108.75㎡ (32.89坪)
  • 施工 / 柏倉建設会社
  • photo by 小林勇蔵

002 003 005 006 007 011 012 014 016 018 019 021 022 023 024 025 031 034 037 038 039 040 041 043 044

関連商品

  1. 南馬込の家/House in Minamimagome

    敷地は低層の住宅街の中でも高台に位置することから、斜線制限いっぱいの高さの家型のボリュームにすることで内部に光と風景を取り入れ、中庭を含む各部屋をぐるっと囲む塀の上にぽんとのせた、2階建ての住宅です。 【デザイン住宅・半地下収納・吹抜・ロフト】

  2. 多摩川の家/House in Tamagawa

    部屋の用途に応じて木の躯体を現した住まいの箱に、玄関のアプローチと1階の土間とを繋ぐ庇、土間の広がりと目隠しを兼ねた木塀、2階リビングの窓とルーフバルコニーを繋ぐ植栽用の大きな額縁を設えました。【デザイン住宅・ルーフバルコニー・壁面緑化】

  3. 東雪谷の家/House in Higashiyukigaya

    静寂な住宅地の角地に建つ住宅です。建主はこの敷地を生かした開放的で、合理的な住空間を要望されました。敷地面積に対する建築面積、床面積の割合は、50%(建ぺい率)と100%(容積率)。これらの床面積の割合を契機に設計を始めました。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー】

  4. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  5. 西方の家/House in Nishikata

    完全に隣地に囲まれた敷地の中で、建物をめいっぱい建てるための採光は、隣地の建物と建物の隙間や、隣地の庭、また、平等に存在する「空」に向かって確保する計画としています。 【デザイン住宅・旗竿敷地・賃貸併用住宅】

  6. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

ページ上部へ戻る