, ,

野方の家/House in Nogata

 

旗竿敷地に中庭を有するこの住宅は、ご夫婦とお子様3人で暮らす住宅です。

1階に設けたみんなで過ごすリビングからは、レベルを下げた2階のバルコニーの緑が見えます。

2階のスタディスペースからは、家の中だけではなく街の気配を感じとれます。

3階に設けた浴室には、燦々と光が入り風が通り抜けます。

みんなで過ごす場所は大きく、個人の場所はコンパクトに計画し、

中庭を中心に家族の場所がつながり、光と風が通り抜け、お互いの気配を感じ取れる住宅です。

 

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 /    東京都 中野区
  • 規模構造 / 木造   地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦+お子様3人 )
  • 敷地面積 / 94.55㎡  (28.60坪)
  • 建築面積 / 42.64㎡  (12.89坪)
  • 延床面積 / 108.75㎡ (32.89坪)
  • 施工 / 柏倉建設会社
  • photo by 小林勇蔵

002 003 005 006 007 011 012 014 016 018 019 021 022 023 024 025 031 034 037 038 039 040 041 043 044

関連商品

  1. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

  2. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  3. 北千束の家/House in Kitasenzoku

    最大限建ぺい率を確保した上で一階の下部に階には算入しない床下スペースを設け、さらにルーフバルコニーにより建物全体を高くました。床下スペースは一階の半分とし、スキップフロアにすることで緩やかに上階へと繋げました。【デザイン住宅・高天井・ルーフバルコニー】

  4. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  5. 高砂の家/House in Takasago

    台形型の敷地形状に沿って建ぺい率を最大限確保し、必要最小限の開口によるシンプルな箱型のシルエットをもつ住宅です。 玄関先には2階のリビングに沿って、外部との緩衝空間としての機能を持つ前庭を設え、緩やかにに内部と外部を繋げています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭】

  6. 小金井の家/House in Koganei

    敷地の北側には道路を挟んで公園の森があり、これらを生活の中に借景として取り込めるようにリビングを北側に配置し、南側には各階に寝室を重ねて配置し、シンプルな勾配屋根で南北を繋げました。 【デザイン住宅・高天井・バルコニー】

ページ上部へ戻る