,

多摩川の家/House in Tamagawa

季節の移り変わりや、時間の流れを内部、外部から感じることのできる住宅です。

部屋の用途に応じて木の躯体を現した住まいの箱に、玄関のアプローチと1階の土間とを繋ぐ庇、土間の広がりと目隠しを兼ねた木塀、2階リビングの窓とルーフバルコニーを繋ぐ植栽用の大きな額縁を設えました。

夏には大きな緑のカーテンが現れ、冬には庇に雪が積もり、木塀は経年により表情が変化します。

住まい手と家とが同じ時間を過ごすことのできる暮らしを意図しました。

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 / 東京都 大田区
  • 規模構造 / 木造、地上2階
  • 主要用途 / 専用住宅 (夫婦+子供1人 )
  • 敷地面積 /79.10㎡(23.92坪)
  • 建築面積 / 39.33㎡(11.89坪)
  • 延床面積 / 77.42㎡(23.41坪)
  • 施工 / ビ-・エル・ホ-ム
  • photo by小林勇蔵

001 002 003 004 005 006 007 012 014 017 019 020 021 022 023 025 027 030 032 033 035 037

関連商品

  1. HW-HOUSE

  2. 経堂の家 /House in Kyodo

    経堂のにぎやかな商店街を抜け、永く住まわれている方、新しく住み始める方たちが、 声を掛け合うような穏やかな住宅街に建つ家です。 かつて地域一体で開発があり、敷地奥半分が盛り上がった敷地。 その高低差を利用することにより、プライベート空間を確保した大きな開口、 施工時のコストバランスを考慮した構造、地階をつくることにより生活空間の面積の有効活用が可能となりました。

  3. 笹塚の家/House in Sasazuka

    敷地は住宅密集地。あえて南側の外壁には窓を設けず、収納、クローゼットを配置。中央の外部吹抜けから、採光は確保。中央の外部吹抜けは上階にいくにつれて、奥行、幅は広がっており、部屋同士の圧迫間の解消し、上空からの採光も確保しやすくなっている。【デザイン住宅・狭小住宅】

  4. 中丸子の家/House in Nakamaruko

    SE構法により壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白があることで、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせてすこしづつ変化していくような住宅です。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

  5. 外苑前の家/House in Gaienmae

    3層にわたり生活のシーンをプロットし、機能や行為に応じて、適切に窓や開口を連続、分節、結合しながら採光、通風を確保し、内側の生活のシーンを開口部に置き換え、外部へ可視化することで、外部環境との繋がりを持たせました。【デザイン住宅・吹抜・ルーフバルコニー・鉄骨階段】

  6. KT-HOUSE

ページ上部へ戻る