, ,

外苑前の家/House in Gaienmae

東京の文化発信地の一つである街に建つ住宅です。
一歩通りを出ると、商業建築が建ち並び、時間が加速度的に流れる周辺環境。
建主は永住するためではなく、通勤のための目的でこの地を選ばれました。
建主の要望は「採光を充分に確保できる住空間」。
そこで、周辺環境とは遮断し、独立した都市型の強固な住まいというより、周辺環境を積極的に取り込み、そこに流れる時間軸に追従した住まいが相応しいのではないかと考えました。
奥行きに対して、間口が広い南側道路を持つこの敷地は容易に採光を得るのは可能でしたが、ここでは3層にわたり生活のシーンをプロットし、そこでの機能や行為に応じて、適切に窓や開口を連続、分節、結合しながら採光、通風を確保し、内側の生活のシーンを開口部に置き換え、外部へ可視化しました。
さらに開口により分節された外壁は シルバーメタリックを施すことで、天候や時間とともに表情が変化し、外部環境との繋がりを持たせました。

・竣工 / 2017年
・所在地 / 東京都 渋谷区
・規模構造 / 木造 地上3階
・主要用途 / 専用住宅 (ご夫婦+お子さま2人)
・敷地面積 / 83.42㎡ (25.23坪)
・建築面積 / 48.97㎡ (14.81坪)
・延床面積 / 126.99㎡ (38.41坪)
・プロデュース / ブラウハウス
・協力/エコリコデザイン
・施工 / 株式会社リモルデザイン
・photo by 鳥村鋼一

 

関連商品

  1. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

  2. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  3. 代沢の家/House in Daizawa

    3階建て住宅のオーソドックスな構成に、玄関を1階と2階に配置しました。3階の寝室へは2階の玄関をつかってアクセスすることができ、また、家族それぞれの来客者も1階を経由すくことなく2階のLDKにアクセスすることができます。【デザイン住宅・中庭】

  4. 押上のホテル/ Hotel in Oshiage

    将来集合住宅にコンバージョンを見据えた、RC6階建てのホテルとオーナー住宅です。避難や天空率の法規をクリアしつつ、高さ21mのボリュームに帯がまきつくことで、上下階の緩やかなつながりを感じさせ、街中からスケールアウトさせないと同時に、帯がフイルターの役割をはたすことで周辺からスケールや自然環境を引き込むことを意図しています。【RC造・ホテル・鉄骨階段】

  5. SM-HOUSE

  6. ID-HOUSE

    窓を最小限に抑える住宅。採光は縦に長いスリット状の窓から確保し、同時に壁が多く確保できることから、耐震、断熱性の向上。各空間は、建主のライフスタイルに合わせた動線上に配置し、それをループ状に結ぶことで各階の行き止まりのないプラン。

ページ上部へ戻る