, , ,

深沢の家/House in Fukasawa

1階に中庭を有する賃貸、2、3階をオーナー階とする住宅です。
賃貸の一つは玄関から繋がっており、将来賃貸として活用できる二世帯住宅です。
3階の壁を曖昧にし、吹き抜け空間をつくることによりどこにいても家族の気配が感じられる住宅になっています。

・竣工/2018
・所在地  /東京都世田谷区
・規模構造 /木造 地上3階
・主要用途 /長屋 (ご夫婦 + お子様2人)
・敷地面積 /185.57㎡ (56.13坪)
・建築面積 /  79.91㎡ (24.17坪)
・延床面積 /185.57㎡ (56.13坪)
・photo by 吉村昌也

 

 

 

 

関連商品

  1. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  2. 池尻の家/House in Ikejiri

    愛犬の高齢化に対応したホームエレベーター、愛犬と共に過ごせる屋上、リビングにドッグスペース、 建主が経営するネットショップ(ドッググッズ)の事務スペースといった愛犬、犬のための機能が付加された住宅です。 【デザイン住宅・狭小住宅・愛犬と共に暮らす】

  3. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  4. SK-HOUSE

    標準的なプランに多様な「窓」によって採光、空間、建物の表情が変化する住宅

  5. 天沼の家/House in Amanuma

    3.64m+αの間口の木造3階建て住宅です。1階には車庫スペース、浴室、洗面室を確保しながら、一般的に不利とされている1階の奥側にリビングを配置し、吹抜けを通じて、2階のダイニング、スタディスペースと繋がり、1,2階が一体となったLDKとなっています。【デザイン住宅・狭小住宅・吹抜】

  6. 戸越の家/House in Togoshi

    敷地の間口いっぱいに建っていた日本家屋からの建て替え計画です。以前、建主は両親から受け継いだ家で住まわれていたが、老朽化に加えて日当たり、通風も悪いということで建て替えへ至りました。【デザイン住宅・建替え計画・中庭】

ページ上部へ戻る