, , ,

押上のホテル/ Hotel in Oshiage

将来集合住宅にコンバージョンを見据えた、RC6階建てのホテルとオーナー住宅です。避難や天空率の法規をクリアしつつ、高さ21mのボリュームに帯がまきつくことで、上下階の緩やかなつながりを感じさせ、帯がフィルターの役割をはたすことで周辺からスケールや自然環境を引き込むことを意図しています。規則性をもって並ぶ帯のどの位置にスラブがつくかを操作することで、空間に変化を与えています。

「SMI:RE STAY OSHIAGE」

・竣工 / 2018
・所在地 / 東京都 墨田区
・規模構造 / RC地上6階
・主要用途 / ホテル6戸・オーナー住宅
・敷地面積 / 122.50㎡ ( 37.06坪)
・建築面積 /   93.50㎡ ( 28.28坪)
・延床面積 / 457.21㎡ (138.30坪)
・共同設計/ビーフンデザイン
・photo by /平井広行

オーナー住居部分

ホテル部分

以下躯体写真

 

 

関連商品

  1. 上落合の家/House in Kamiochiai

    北側斜線により3階に寝室を配置するのが一般的なのですが、この住宅では3階にLDKを配置し、斜線により削られる北側にテラスを設け、さらに3階上部に第2リビングと位置付けられるロフトを計画しました。【デザイン住宅・高天井・ロフト】 

  2. グランデイズコート若林

  3. ルヴァンコート平和島Ⅱ

  4. 千年新町の家/House in Chitoseshinmachi

    間口が約4m奥行約9mの3階建て住宅です。南側隣地が2階建てであったために、 暗くなりがちな2階の中央部の採光は、3階を東西に分断し、フリッジで繋げることで3階の高さから採光を確保しています。 【デザイン住宅・吹抜・鉄骨階段】

  5. 池尻の家/House in Ikejiri

    愛犬の高齢化に対応したホームエレベーター、愛犬と共に過ごせる屋上、リビングにドッグスペース、 建主が経営するネットショップ(ドッググッズ)の事務スペースといった愛犬、犬のための機能が付加された住宅です。 【デザイン住宅・狭小住宅・愛犬と共に暮らす】

  6. 東麻布の家/House in Higashiazabu

    色々の用途が混在する、更新中の街並みに建つ住宅。道路面に緩衝でもあるボリュームを出し、3F客間・3Fルーフバルコニー・2F吹き抜け・2FLDK・1F-3F階段室を緩やかにつなげることで、家全体で環境を感じることができる二世帯住宅【デザイン住宅・二世帯住宅・吹き抜け】

ページ上部へ戻る