, , ,

押上のホテル/ Hotel in Oshiage

将来集合住宅にコンバージョンを見据えた、RC6階建てのホテルとオーナー住宅です。避難や天空率の法規をクリアしつつ、高さ21mのボリュームに帯がまきつくことで、上下階の緩やかなつながりを感じさせ、帯がフィルターの役割をはたすことで周辺からスケールや自然環境を引き込むことを意図しています。規則性をもって並ぶ帯のどの位置にスラブがつくかを操作することで、空間に変化を与えています。

「SMI:RE STAY OSHIAGE」

・竣工 / 2018
・所在地 / 東京都 墨田区
・規模構造 / RC地上6階
・主要用途 / ホテル6戸・オーナー住宅
・敷地面積 / 122.50㎡ ( 37.06坪)
・建築面積 /   93.50㎡ ( 28.28坪)
・延床面積 / 457.21㎡ (138.30坪)
・共同設計/ビーフンデザイン
・photo by /平井広行

オーナー住居部分

ホテル部分

以下躯体写真

 

 

関連商品

  1. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  2. 天沼の家/House in Amanuma

    3.64m+αの間口の木造3階建て住宅です。1階には車庫スペース、浴室、洗面室を確保しながら、一般的に不利とされている1階の奥側にリビングを配置し、吹抜けを通じて、2階のダイニング、スタディスペースと繋がり、1,2階が一体となったLDKとなっています。【デザイン住宅・狭小住宅・吹抜】

  3. 北千束の家/House in Kitasenzoku

    最大限建ぺい率を確保した上で一階の下部に階には算入しない床下スペースを設け、さらにルーフバルコニーにより建物全体を高くました。床下スペースは一階の半分とし、スキップフロアにすることで緩やかに上階へと繋げました。【デザイン住宅・高天井・ルーフバルコニー】

  4. 上大崎の家/House in Kamiosaki

    敷地は3階建ての建物が建ち並び、一同に北側斜線の影響により3階部分は削り取られている条件のもと、テラスを有する計画が建て主の要望であった。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

  5. 武蔵関の家/House in Musashiseki

    詳細は近日公開

  6. 中丸子の家/House in Nakamaruko

    SE構法により壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白があることで、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせてすこしづつ変化していくような住宅です。【デザイン住宅・SE構法・鉄骨階段】

ページ上部へ戻る