, , ,

南馬込の家/House in Minamimagome

敷地は低層の住宅街の中でも高台に位置することから、斜線制限いっぱいの高さの家型のボリュームにすることで内部に光と風景を取り入れ、中庭を含む各部屋をぐるっと囲む塀の上にぽんとのせた、2階建ての住宅です。上下階の平面的なボリュームのずれで生まれた場所を中庭や2つの車スペースに使い、断面的に空間がある場所に半地下収納や二階上ロフトなどを配した計画です。住宅街の大きいスケールのずれから自然をとりいれつつ、建物内の小さいずれを機能的に使いきった住宅です。

・竣工 / 2017
・所在地 / 東京都 大田区
・規模構造 / 木造 地上2階 (地下収納+ロフト収納)
・主要用途 / 専用住宅 (ご夫婦+お子さま1人)
・敷地面積 / 103.11㎡ (31.19坪)
・建築面積 / 51.37㎡ (15.54坪)
・延床面積 / 94.94㎡ (28.72坪)
・photo by 吉村昌也

関連商品

  1. HW-HOUSE

  2. ルヴァンス二俣川

  3. 池尻の家/House in Ikejiri

    愛犬の高齢化に対応したホームエレベーター、愛犬と共に過ごせる屋上、リビングにドッグスペース、 建主が経営するネットショップ(ドッググッズ)の事務スペースといった愛犬、犬のための機能が付加された住宅です。 【デザイン住宅・狭小住宅・愛犬と共に暮らす】

  4. 高砂の家/House in Takasago

    台形型の敷地形状に沿って建ぺい率を最大限確保し、必要最小限の開口によるシンプルな箱型のシルエットをもつ住宅です。 玄関先には2階のリビングに沿って、外部との緩衝空間としての機能を持つ前庭を設え、緩やかにに内部と外部を繋げています。【デザイン住宅・ガレージハウス・中庭】

  5. 下井草の家/House in shimoigusa

    建ぺい率50%とは、敷地面積に対して50%だけしか建物を建てられません。しかし、読みかえると、50%も外部空間を確保、あるいは取り込むことができるということです。建ぺい率の低い敷地ほど外部を積極的に取り込む計画ができます。【デザイン住宅・中庭】

  6. 西池袋の家/House in Nishiikebukuro

    道路に面した地窓から、2階のカフェスペースの窓まで、一筆書きのように窓が繋がっている。プランの構成をこれらの窓によって表現している。

ページ上部へ戻る