, , ,

中丸子の家/House in Nakamaruko

SE構法による壁がない大きな一つながりの3階LDKとルーフバルコニーに、各部屋と浴室など機能的なスペースが2階、1階と構成されています。

全館空調がはいることで環境的には快適でありながら、トップライトや大開口により、外部空間のようながらんどうな空間になります。

細かく仕切る必要がなく、LDKや各スペースに余白が生まれ、生活スタイルの変化によって家自体も住み手に合わせて少しづつ変化していくような住宅です。

 

  • 竣工 / 2016年
  • 所在地 /    神奈川県 川崎市
  • 規模構造 / 木造   地上3階
  • 主要用途 / 専用住宅   (ご夫婦+お子さま2人)
  • 敷地面積 /  70.00㎡  (21.18坪)
  • 建築面積 /  49.63㎡  (15.01坪)
  • 延床面積 / 152.77㎡ (46.21坪)
  • 施工 / 株式会社リモルデザイン
  • photo by 吉村昌也

 

nkmrk_10JUN16_003 nkmrk_10JUN16_002nkmrk_10JUN16_001

nkmrk_10JUN16_013nkmrk_10JUN16_010nkmrk_10JUN16_008nkmrk_10JUN16_007

nkmrk_10JUN16_045nkmrk_10JUN16_043nkmrk_10JUN16_044nkmrk_10JUN16_048

nkmrk_10JUN16_017nkmrk_10JUN16_021nkmrk_10JUN16_016nkmrk_10JUN16_020nkmrk_10JUN16_023nkmrk_10JUN16_019nkmrk_10JUN16_033
nkmrk_10JUN16_024nkmrk_10JUN16_026nkmrk_10JUN16_027nkmrk_10JUN16_028nkmrk_10JUN16_029nkmrk_10JUN16_031nkmrk_10JUN16_038nkmrk_10JUN16_039nkmrk_10JUN16_050nkmrk_10JUN16_051
nkmrk_10JUN16_056nkmrk_10JUN16_058nkmrk_10JUN16_041nkmrk_10JUN16_040nkmrk_10JUN16_042

関連商品

  1. 西早稲田の家/House in Nishiwaseda

    2階のLDKは水平方向の広がりを確保するため、オーバーハングしながら建ぺい率いっぱいに床面積を確保し、垂直方向は小さいながらも敷地の角側に吹抜けを設け、その上部にハイサイド窓を設置し、視線を高い位置に誘導することで広がりを感じられるようにしました。【デザイン住宅・吹抜】

  2. NN-HOUSE

    周囲の建物の高さや窓の位置を踏まえ、また密集地の中の「抜け」のある方向に対しは、積極的に開口や窓を設け、周辺状況に応じた形態をつくり、一見は閉じながらも、内からは外へ開いた空間。

  3. HW-HOUSE

  4. GW-HOUSE

  5. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。

  6. 松原の家/House in Matsubara

    敷地は東西に近接した建物があり、南北のみに開かれた敷地。建物間口3.6mの木造3階建て住宅。中央のトップライトから採光を確保すると共に、各部屋が視覚的にも繋がっている。

ページ上部へ戻る