未分類

  1. 流山の家 お引き渡し

    本日は流山の家のお引き渡しでした。お施主様はご年配のご夫婦。去年の春、弊社設計の住宅が掲載された雑誌「東京の若手建築家と建てる家」をきっかけにお問い合わせを頂き、家づくりが始まりました。

  2. 上大崎の家 ガラス取り付け

    先日、この住宅のメインとなるテラスサッシのガラス取り付け工事でした。テラスのサッシは通常の住宅用のアルミサッシではなく、スチールで製作しました。平面形式はコの字型にサッシが繋がっている連窓で、1番大きなガラスは巾2.7m、高さ2.5mもあり、人力では運べない大きさです。

  3. 小金井の家 仕上げ工事直前

    小金井の家、大工工事が終了し、これから仕上げ工事が始まります。壁は石膏ボードの状態ですが空間や採光は感じられるようになりました。

  4. 上大崎の家 サッシ取り付け完了

    上大崎の家、サッシ(窓)取り付けが完了しました。サッシは内装、外装工事前の重要な工事で、サッシの枠がそれぞれの仕上げの定規となります。この段階で採光はなんとなく感じられますが、当然、全てが仕上がると明るくなります。中庭の特注サッシも取り付けました。

  5. 流山の家 足場解体

    先日、流山の家の足場が解体されました。お施主さんに「生まれたての赤ん坊です」という言い方をよくします。家の形はしているものの、まだ未完成です。器具付けや外構工事とこれから社会に出るための準備をしていきます。

  6. 小金井の家 サッシ取り付け

    小金井の家、大工工事が順調に進んでいます。サッシも全て取り付けを終えました。建物中央にあるルーフバルコニーからの採光も感じられるようになってきました。

  7. 上大崎の家 上棟式

    先日、上大崎の家の上棟式を執り行いました。上棟式といっても、メインはお施主様と大工さんとの顔合わせ。大工さんには単に図面通りに作るのではなく、少しでも実際に住む人、使う人をイメージしながら丁寧な仕事をして頂ければと思います。

  8. 上大崎の家 現場レポート

    上大崎の家が基礎工事終了直前です今回は弊社では2度目のSE工法、https://www.ncn-se.co.jp/se/それに加え、隣地の高低差から約3.5mの鉄筋コンクリートの防護壁を計画しています。

  9. 小金井の家 上棟式

    上大崎の家の上棟式翌日は小金井の家の上棟式でした。お施主様は70代のご夫婦。去年のコロナ禍前にお問い合わせ頂き、他のお客様同様に半年以上のお打ち合わせを重ねて着工し、ようやく上棟の日を迎えることができました。

  10. 桶川の家 お施主様検査

    本日午後から桶川の家のお施主様検査でした。特に大きな指摘もなく来月にお引き渡しです。地方の住宅地に建つ都市型の2階建て住宅。写真撮影が楽しみです。

  11. 流山の家 現場レポート

    流山の家がサッシ取付、石膏ボードが終了しました。鉄骨階段もセットされ、木製の段板取付待ちの状態になっておりますが、全体的に壁と窓は区別ができ、空間は感じられます。70㎡程の住宅ですが広がりのある空間となっています。

  12. 上落合の家 現場レポート

    去年5月に最初のお問い合わせから設計を開始してから約一年、ようやく本日地鎮祭を執り行いました。地鎮祭後は工事監督とお施主様とで近隣一軒、一軒に工事挨拶。週末だったこともあり、ほとんどいらしゃっいました。

ページ上部へ戻る